徳島大学大学院医歯薬学研究部 予防歯学分野 口腔科学部門

徳島大学歯学部(口腔科学教育部)HPへ
アクセス・お問い合わせ

研究業績

最近の主な原著論文

2013年

Fukumoto Y, Horibe M, Inagaki Y, Oishi K, Tamaki N, Ito HO, Nagata T. Association of gingival recession and other factors with the presence of dentin hypersensitivity. Odontology. 2013 Jan 3. [Epub ahead of print]

Tamaki N, Hayashida H, Fukui M, Kitamura M, Kawasaki K, Nakazato, M, Maeda T, Saito T, Ito H-O. Oxidative stress and antibody levels to periodontal bacteria in adult participants: the Goto study. Oral Dis. (in press 2013)

Mulyatno SA, Kataoka K, Fukui M, Tamaki, N Miki K, Baatarjav T, Orihuela-Campos RC, Goto M, Ito H-O. Influence of bacterial endotoxin on mucosal immune response to phosphorylcholine. Indonesian JDR (in press, 2013)

2012年

Goto M, Wilk A, Kataoka K, Chodankar S, Tamai N, Fukui M, Kohlbrecher J, Ito H-O, Matsuki H. Study on the Subgel-Phase Formation Using an Asymmetric Phospholipid Bilayer Membrane by High-Pressure Fluorometry. Langmuir 28(33):12191-12198, 2012

2011年

Nasal dendritic cell targeting flt3 ligand as a safe adjuvant elicits effective protection against fatal pneumococcul pneumoniae.
Kataoka K., Fujihashi K. Oma K., Fukuyama Y., Hollingshead S. K., Sekine S., Kawabata S., Ito H.-O., Briles D. E., and Oishi K. 
Infect Immun 79 (7): 2819-2828, 2011

Mucosal immune features to phosphorylcholine by nasal Flt3 ligand cDNA-based vaccination.
Baatarjav T, Kataoka K, Gilbert RS, Terao Y, Fukui M, Goto M, Kawabata S, Yamamoto M, Fujihashi K, Ito H-O. 
Vaccine 29 (34): 5747-5757, 2011

2010年

Fusobacterium nucleatum envelope protein FomA is immunogenic and binds to the salivary statherin-derived peptide.
Nakagaki H, Sekine S, Terao Y, Toe M, Tanaka M, Ito H-O, Kawabata S, Shizukuishi S, Fujihashi K, Kataoka K.
Infect Immun 78 (3):1185-1192. 2010

Attenuation of inducible respiratory immune responses by oseltamivir treatment in mice infected with influenza A virus.
Takahashi E, Kataoka K, Fujii K, Chida J, Mizuno D, Fukui F, Ito H-O, Fujihashi K, Kido H.
Microbes Infect 12(10):778-783, 2010

Levels of salivary stress markers in patients with anxiety about halitosis.
Fukui M, Hinode D, Yokoyama M, Yoshioka M, Kataoka K, Ito, H-O. 
Archs Oral Biol. 55 (11): 842-847, 2010

2009年

リアルタイム定量PCR(qPCR)法による唾液中の総細菌数の測定─口腔清潔度の指標としての試み
横山正明,福井 誠,増田かなめ,高松夏子、岡田寿朗,武部裕光,片岡宏介,伊藤博夫.口腔衛生会雑誌59(3): 183-189, 2009

Dendritic cell-targeting DNA-based mucosal adjuvants for the development of mucosal vaccines.
Kataoka K. and Fujihashi K.
Expert Reviews of Vaccines 8(9): 1183-1193, 2009

2008年

Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy
Yokoyama M, Hinode D, Yoshioka M, Fukui M, Tanabe S, Grenier D, Ito H-O.
Oral Microbiol. Immunol. 23 (1): 55-59, 2008

A combination of Flt3 Ligand cDNA and CpG ODN as nasal adjuvants elicits NALT dendritic cells for prolonged mucosal immunity.
Fukuiwa T., Sekine S., Kobayashi R., Suzuki H., Kataoka K., Gilbert R. S., Kurono Y., Boyaka P. N., Kreig AM, McGhee JR, Fujihashi K.
Vaccine 26: 4849-4859, 2008

A novel adenovirus expressing Flt3 ligand enhances mucosal immunity by inducing mature NALT dendritic cell migration.
Sekine S., Kataoka K., Fukuyama Y., Adachi Y., Davydova J., Yamamoto M., Kobayashi R., Fujihashi K., Suzuki H., Curiel D., Shizukuishi S., McGhee J., Fujihashi K.
J Immunol. 180(12): 8126-8134, 2008

2007年

Intranasal immunization with phosphorylcholine induces antigen specific mucosal and systemic immune responses in mice.
Tanaka N, Fukuyama S, Fukuiwa T, Kawabata M, Sagara Y, Ito H.-O, Miwa Y, Nagatake T, Kiyono H, Kurono Y.
Vaccine 25: 2680-2687, 2007

Development of the Japanese version of the Oral Impacts on Daily Performance (OIDP) scale: a pilot study
Naito M, Suzukamo Y, Ito H-O, Nakayama T.
J Oral Sci 49(4): 259-264, 2007

口腔分野のQOL尺度に関する研究:若年者におけるGOHAIとOIDP日本語版の比較検討.
内藤真理子、伊藤博夫、金川裕子.
ヘルスサイエンス・ヘルスケア 7(1): 24-28, 2007.

その他の研究成果

ただ今準備中です。

研究助成金の取得

2010~2012 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))No. 22592336
新規ハイスループット口臭検査法の開発を目指した基礎的研究(代表者:伊藤博夫)

2012~2013 山田養蜂場 みつばち研究助成基金新聞記事
レスベラトロールの歯周病予防効果に関する研究(代表者:玉木直文)

2012~2014 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))No.24593155
ESR法による活性酸素種測定と歯周病との相互連関の解明および抗酸化物の効果(代表者:玉木直文)

2011~2013 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))No.23593091
ヒト唾液中に含まれるサイトカインの正常範囲の決定(代表者:福井誠)

2012  8020推進財団 平成24年度研究事業
研究題目:信頼できる歯周病スクリーニング検査確立のための唾液検査法の改良に関する研究(代表者:福井誠)

2011~2012 文部科学省科学研究費補助金(若手研究(B))No. 23792515
ホスホリルコリンに対する粘膜免疫応答と動脈硬化との関連性(代表者:後藤優樹)

学会発表(抜粋)

2013年

福井 誠ほか:動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定。徳島大学HBS心・血管クラスター肥満・糖尿病クラスター合同ミニリトリート平成24年度(高松)2013年1月4~5日

宮城 紫、佐野 茂樹、伊藤 博夫ら:OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発。 日本薬学会第133年会、(パシフィコ横浜、 横浜)2013年3月30日

福井誠ほか:健常者における唾液中サイトカイン分析。 第62回日本口腔衛生学会・総会、(キッセイ文化ホール、 松本)2013年5月15~17日

Orihuela-Campos RCほか: Real-time xCELLigence analysis of antioxidant agents on human gingival fibroblast cells viability。 第62回日本口腔衛生学会・総会、(同上)

2012年

福井 誠ほか:ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性-第二報-。 第61回日本口腔衛生学会・総会、(神奈川歯科大学、 横須賀)2012年5月25~27日

サプタほか: Modulation of Mucosal Immune Response by Bacterial Lipopolysaccharide in Nasal Vaccination Model。 第61回日本口腔衛生学会・総会、(神奈川歯科大学、 横須賀)

玉木直文、伊藤博夫:歯周病進行と酸化ストレス。 第31回四国歯学会総会、2012年6月28日、徳島

福井 誠ほか:動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定。 第5回日本口腔検査学会総会・学術大会、(日本大学法学部、 東京)2012年8月25~26日

Tamaki Nほか:Levels of serum markers of oxidative stress and antibodies against periodontal pathogens in community-dwelling adults with and without periodontitis: Goto study。 First International Conference on Porphyromonas gingivalis and Related Bacterial Species、 2012年8月27~28日、 Nagasaki(国内開催国際会議)

Ito H-O:Periodontal disease as a risk factor for several systemic lifestyle-related diseases., in Symposium 4: Addressing concerns in other oral conditions. 10th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry(第10回アジア予防歯科学会)(Hotel Ulaanbaatar, Ulaanbaatar, Mongolia) 2012年9月14~16日

Fukui Mほか:Relationship between atherosclerosis and anti-phosphorylcholine antibodies in saliva and plasma. 第10回アジア予防歯科学会(同上)

Tamaki Nほか:Relationship between plasma reactive oxygen species and progression of periodontitis. 第10回アジア予防歯科学会(同上)

Yamashita Y, Ito H ほか: Structural shift of microbiota in dental plaque formed on a hydroxyapatite disk surfaces in vivo。 6th ASM Conference on Biofilms (Miami、 Florida、 USA) 2012年9月29日~10月4日

福井 誠ほか:成人歯科健診事業における唾液検査と歯周所見の一致性について。 第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会、(ピアザ淡海、 大津)2012年10月7日

渋谷 敦人、福井 誠ほか:平成23年度に香川県内で実施した成人歯科健診モデル事業における保健行動目標の達成状況について。 第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会、(同上)

岡田 寿朗、福井 誠ほか:平成22年度に香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業実施報告。第22回日本歯科医学会総会、(大阪国際会議場、 大阪)2012年11月9~11日

宮城 紫、佐野 茂樹、伊藤 博夫ら:オルトフタルアルデヒド法を基盤とした新規メチルメルカプタン蛍光標識法。 第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会、(サンラポーむらくも、 松江)2012年11月11日

サプタほか:Mucosal adjuvanticity of bacterial lipopolysaccharide in compared with cholera toxin. 第41回日本免疫学会学術集会、(神戸国際会議場、 神戸)2012年12月5~7日

このページの先頭へ