徳島大学大学院医歯薬学研究部 予防歯学分野 口腔科学部門

徳島大学歯学部(口腔科学教育部)HPへ
アクセス・お問い合わせ

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

研究室からの最新情報

ご挨拶

 当教室の研究の大目標は「歯と口の健康を通じての、人々の全身の健康とQOL(Quality of Life: 生活の質)への貢献」です。
歯周病や齲蝕症(むし歯)に代表される口腔内に生息する微生物による歯科疾患の予防を目指した、その発生機序についての研究に免疫学・分子生物学的手法を用いて取組んでいます。病院に訪れる患者さんだけではなく、健康な人々を含んだ地域に生活する全ての人々を対象として、歯と口の健康状態と全身の健康状態ならびにQOLとの関連についての疫学的研究にも取組んでいます。
 歯学部の学生教育においては、上記の目標達成に貢献する高度な知識・技能・思想を持った歯科医師の育成を目指して、歯学科学生の予防歯科学(口腔衛生学)、衛生公衆衛生学の全部、および社会歯科学の一部を担当しています。大学院学生教育においては、予防歯学、予防歯学演習、実践口腔科学実習、顎口腔発育・社会歯科学実験実習などを担当しています。留学生もたくさん受け入れています。

The aim of our research is to contribute not only to prevention of dental diseases, but also to improvement of quality of life (QOL) of people, through a better understanding of the relationship between the systemic health and dental/oral conditions. We are working on the following subjects;

  1. 1) Mechanisms of immune response and tolerance in the nasopharyngeal-associated lymphoid tissues, and the development of novel mucosal vaccines,
  2. 2) Anti-phosphorylcholine antibody, a natural autoantibody as a potent preventive factor against atherosclerosis and pneumococcal infection; regulatory mechanism for production and its “raison d’être (meaning of being)”,
  3. 3) Various biological substances in the saliva (i.e., secretary antibodies, cytokines, enzymes, other proteinous and non-proteinaceous substances); relationship between their levels and oral and/or  systemic health conditions, and application to diagnostic markers.